早期治療を目指そう|うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

早期治療を目指そう

診察

医師の指示に従って服用

うつ病の治療にとって一番大切なのは、休養を取ることです。しかし、社会生活を送っていく中で、休養を取ることは難しいことですし、治療には長い期間を要します。このため、一般的には通院しながら抗うつ剤を服薬していくことになります。うつ病は、一括りにできる病気ではありません。その症状の現れ方や程度によって、何種類にも分類されます。類型に応じて薬の種類が変わったり、量が変わったりします。うつ病が発症するメカニズムは完全には解明されていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンが減少することで引き起こされます。これらの物質が減ると、幸福感が減ったり、興味関心がなくなったりするなどの意欲の低下により病気が発症します。そこで、抗うつ剤は、これらの物質が脳内で減少しないようにすることを目的にしています。脳内神経伝達物質は、脳内に放出された後に、脳に吸収されますが、これを吸収されないようにすることで、神経伝達物質により脳内が満たされた状態にします。これによって、症状を改善し、最終的に寛解まで持って行きます。症状が落ち着いていくにつれ、段階的に処方量を減らしていくことになりますが、必ず専門医の指示に従う必要があります。自分の判断で減らして症状が再燃することもあるからです。うつ病には、特徴的な症状があります。気分の落ち込みや意欲の低下などの精神的な症状、睡眠障害などの身体面での症状が長期的に続きます。しかし、あくまでも典型的な症状ではありますが、病気によってその症状の現れ方が異なります。この落ち込んだ気分と逆に異常なほどに高揚した気分が交互に現われる場合があります。これが双極性障害と言われます。長期にわたる躁状態と長期にわたる鬱状態が交互に現われるため、傍目にはわかりにくいです。しかし、躁状態においてはとんでもない判断を下してしまうことがあるため、経済的に大きな損失を被りかねず、早めに病気に気づくことが必要です。また、仮面うつ病というものもあります。特徴は、精神面での症状が現われず、身体面の症状が表面化してしまい、病気をマスキングしてしまいます。眠れない、途中で目が覚めるといった睡眠障害や肩こり、腰痛などの症状が出ますので、内科などを受診してしまいます。検査をしてもどこにも悪い部分が見つからず、症状がそのまま悪化してしまいます。何となく体調が悪いことが続いて原因がわからないときは、心療内科医の診察を受けることが大切です。これら以外にもいくつかのパターンがありますし、どの類型にも分類されない場合は、非定型として分類されます。種類も特徴も様々ですので、治療もそれぞれに異なりますし、患者によっても異なります。

Copyright© 2018 うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】 All Rights Reserved.