心の治療に入る前に|うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

心の治療に入る前に

看護師

病院や薬への知識

抗うつ剤は今は処方だけでなく通販でも買うことができるようになっており、うつ病だけでなく睡眠障害や不安障害、パニック障害にも幅広く効果が期待できることから患者にはニーズの高い薬となっている。患者の気分の低下や倦怠感は健常者には理解しがたい苦しみであり、薬の力でできることが増えて気分がよくなることで安心感をもたらし、患者にとってメリットも多いため人気となっている。抗うつ剤は一般的な薬と比べ効き目がゆっくりあらわれてくるが、自分の合った薬を見つければ生活の辛さが軽減できるメリットが大きい。現在は昔からの三環系・四環系よりも副作用が少なく新しいSSRI、SNRI、NaSSAが主流の傾向にあり、特にノルアドレナリンを活性化させるNaSSAは最も効果が強いため人気の傾向にある。現在では通販でも購入可能となっており、名称では以前購入可能だった不安や睡眠障害に効果のあるデパス錠の購入が不可となってからは、同じような効果のあるパスピン錠が変わりの薬として人気の傾向にある。うつ病は原因も不明で目には見えない病気であるからこそ、家族や周囲の理解が得られにくいこともあるため、ゆっくり根本治療をしていくカウンセリングよりも薬で本人しか感じられない不調を軽減できることで患者の苦しみを救える薬となっていることが人気の理由ではないかと考えられる。うつ病かなと思った際にはまず早期のうちに病院にかかることが大切である。うつ病患者本人は自分がうつだと自覚していないことも多いため、周囲の家族が本人の倦怠感や気分の低下に気づいた際には通院を促すことが必要となってくる。初めての病院選びは本人家族も不安が多いと思うが、ポイントとしては主治医との相性とアクセスの良さである。心の病気に関して本人家族の話をよく聴き病気の原因や背景を一緒に探ってくれる医師のいる病院に通うことがおすすめである。そして定期的な受診が必要となってくるため移動の負担の少ない自宅からのアクセスの良さも考慮したほうが良いと考えられる。一概には言えないが、一般的に地域のクリニックと大学病院では地域のクリニックのほうが1人の医師が時間をかけて診察していくのに対し、大学病院は複数の医師が短時間で診察する傾向も少なくはない。医師との相性が合えば大学病院のほうが設備も整っている環境にあるため、本人にあった病院に通院すると良い。また、制度の1つとして、精神通院の医療費が3割から1割になる自立支援医療という制度もある。病院で診断をされたら、その後の通院費を考えて、早めに診断書を発行してもらい居住している市役所の窓口へ申請しに行くこともおすすめである。

Copyright© 2018 うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】 All Rights Reserved.