心を元の状態に戻す|うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

心を元の状態に戻す

病院

薬の使用目的や注意点

日本はストレス社会と言われていることからも、以前よりもうつ病などの心の病にかかる方が多くなっています。うつ病を治療する目的で使われる薬で抗うつ剤がありますが、今現在では副作用がほとんど出ないとされる、SSRIやSNRI、NaSSAがメインとして使用されます。はじめにSSRIですが、セロトニンのみを増やす目的で作られた薬で、これまでの薬と比べてもより副作用が現れにくくなっているのが特徴です。セロトニンが足りないことが原因で、落ちこんだり不安になったりする場合は効き目が強く出やすいため、気分がすぐれない時に使用するとよいでしょう。つぎに、SNRIはノルアドレナリンにも働きかけるので、意欲や気力が下がっている場合に優れた効果が現れます。ノルアドレナリンには痛みを軽くする効果もあるので、長期的に痛みが生じている方が使用すると役に立つはずです。また、NaSSAに関しては、少なくなったノルアドレナリンとセロトニンの分泌を促進し、セロトニンが効率的に動けるようになります。この薬を使用すると、食欲が増したり眠気が現れたりするので、食欲不振や睡眠障害に悩んでいる場合に使うとよいでしょう。このように、薬によってそれぞれ効果が変わってくるので、効果を理解した上で服用することがポイントです。うつ病の方にとって、抗うつ剤は非常に助かるアイテムでもありますが、長期的に服用し続けると身体依存が作られます。身体依存が出来上がった状態で薬の服用をストップすると、離脱症状が強めに現れることもあるため、十分気をつける必要があります。そもそも抗うつ剤の服用を少なくすると、どうしても離脱症状が発生しますが、離脱症状を軽くするためには、薬が減っていく速さをゆっくりにしなければなりません。そのためには、減薬方法を取り入れながら薬を減らす必要がありますが、減薬方法には1、2週間ごとに少しずつ減らす漸減法や、服用期間を少しずつ長くする隔日法があります。まずは漸減法ですが、減薬方法として最も取り入れられることが多いですが、患者によっては隔日法の方が適切な場合もあります。仮に、漸減法と隔日法のふたつとも合わない場合は、作用時間が長い薬に少しずつシフトし、それから薬を減らすのが一般的です。また、授乳中の方や妊娠中の方に関しては、たとえうつ病を抱えていても、極力薬は服用しないのが一番です。ただし、薬の服用を突然ストップしてしまうと、精神的に落ち着かなくなる方もいるため、ドクターときちんと話し合いながら服用するよう気をつけましょう。

Copyright© 2018 うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】 All Rights Reserved.