うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】

看護師

心の治療に入る前に

抗うつ剤はうつ病以外の気分障害等にも効果があることや、本人にしかわからない苦しみをカウンセリングよりも直接的に効果を与えられることで人気が高い。病院には早期受診がおすすめであり主治医との相性と通院のしやすさを優先して考えることが大切である。

詳しく見る

病院

心を元の状態に戻す

うつ病治療に用いられる薬で抗うつ剤がありますが、様々なタイプがあるのでそれぞれの効果を理解してから服用することが大事です。また、薬を長期的に服用すると身体依存が生じやすくなるので、薬を減らす場合は適切な減薬方法で行うよう注意しましょう。

詳しく見る

ハート

治すのに必須なもの

うつの時にもらう薬には、脳に作用して精神を安定させる働きがあります。医師の指示に従って適切に飲むことが重要です。うつの人が病院へ行く時には、近くに居心地のいい病院がないか探しましょう。なければインターネットで口コミなどを参考に探します。

詳しく見る

診察

早期治療を目指そう

うつ病は、セロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質の減少によって引き起こされます。抗うつ剤は、これらの物質が脳に再取り込みされないようにして症状の改善を図ります。うつ病の種類も様々ですので、専門医もそれに応じて薬を処方します。

詳しく見る

早い対応が必要

医者

知識を得ることが大切

うつ病は現代病とも言われ特別な病気ではなく、風邪をひくような感じで発症するといわれています。そして、症状は人それぞれであるため軽度から重度まであります。主な症状として挙げられるのは気分が沈んでやる気が出なくなることが多いです。始めは疲れがたまっていると感じる程度ですが、疲労感が積み重なり解消されなくなっていきます。特にストレスを感じやすい人などに発生することが多いです。気分転換をうまくできれば重度になるのを防ぐことができますが。身体に起こる症状としては睡眠障害があります。睡眠障害では眠れなくなったり何度も目が覚めやすくなったりします。そのため、寝ても疲れが取れにくくなり悪循環となります。そのため、睡眠薬などを使って睡眠障害を改善することも多いです。それに加えて、頭痛や肩こりや月経不順なども併発することもあります。頭痛に関しては、徐々に痛くなる回数が増えたり長引いたりすることもあります。そして、女性特有の部分ではホルモンバランスの乱れによって生理不順になりやすくなります。ちなみに、うつ病では食欲が減退するという人が多いなか、逆に食欲が異常に増えるという場合もあります。そのため、適度に休息をとることで症状を緩和することもできます。そして、周りの人も早く以上に気が付き、病院に行くように促したりする対処も大切です。それに加えて、できるだけ早く治療を始めることによって完治するのも早くなります。実際にうつにかかっている可能性がある場合には、早めに心療内科などを受診することが大切です。特に、肩こりの場合などは整形外科などを受診することが多いのですが、頭痛などの症状もあり緩和されないときには心療内科も行ってみることが必要です。そして、実際に治療をするにあたって費用などが掛かりますが、うつの進行具合によって異なります。基本的には健康保険適用の治療となるため、3割負担となります。まずは、初診料に関しては2500円ほどになります。その後は再診ということになるため、1500円ほどの支払いになります。そして、血液検査などをする費用としては1000円から3000円ほどが相場になっています。治療するにあたって現在出ている症状の緩和をするためにカウンセリングをしたり、薬を処方されたりします。カウンセリングはうつ病の治療で重要な役割を果たしていて、気持ちが楽になっていきます。そして、薬は抗うつ薬が使われて、必要に応じて睡眠薬などと併用して処方されます。この部分は処方される薬の種類によって変わるため、一概には言えない部分です。そして、病院選びで大切なのが心の病気であるという部分からも、院内の雰囲気や評判もチェックしておくことが大切です。治療に専念するためにも、環境が整っていたり、プライバシー保護に力を入れていたりするところを選ぶことが必要です。

Copyright© 2018 うつは誰にでもなる可能性がある【症状は人それぞれ】 All Rights Reserved.